2009年02月20日

一劫 (純米酒)

一劫.jpg

飲んじゃあいかんのか?
ようこそ、いらっしゃいませ。

さて、本日は 一劫 純米酒 です。
「いっこく」と読みます。

徳島のお酒です。

昔、徳島の酒屋で「徳島の地酒はありますか?」と聞いたことがあります。

そこのおっさんは無愛想に「無い」とのたまった。

そんなことは無いんですな。

酒屋のくせに知識も無いんか?
やる気が無いのか?

両方か?

さて、通常精米歩合60%以下のものを買うことが多いのですが今回のお酒は精米歩合80%。

逆に興味をそそります。
お値段もそれなりだし、どんなお酒なのか?

ラベルには「金色純米」の表示。

そして、「芳香な香りと濃厚な味をお楽しみ頂くため、よく冷やしてお飲みください。」とある。

さて、さっそく頂きます。

・・・クセがかなりある。
少し紹興酒に近いような風味を感じます。

お酒の色は琥珀色というより、やや茶色。

しかし、720ml飲んでいくうちに慣れてくるとなんだか悪くない。

地元の人なら故郷の味ってとこでしょうか?



今日のお酒の表示情報は下記の通りです。

酒造会社:株式会社本家松浦酒造場
産地:徳島県
特定名称:純米酒
使用米:?
精米歩合:80%
内容量:720ml
おおよその価格:1,200円強
posted by ラテスJP at 16:00| 徳島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。