2009年05月30日

男山 復古酒

復古酒2.jpg 復古酒1.jpg

飲んじゃあいかんのか?
ようこそ、いらっしゃいませ。

さて、本日は 男山 復古酒  です。

箱入と申しましょうか?
しっかりと梱包されて陳列されています。

精米歩合もわからなければ、製造年月もわからない。
そんなんで売れるのか?

と個人的に思いますが、買ってしまいました。
復古酒という文字から、ずっと古酒だと思い込んでいた。

しかし、能書きを見ると元禄時代の酒造りを再現したお酒の様です。

まあ、元禄時代に精米歩合65%まで精米できる技術があったのかどうか?

それ以外の技術を復元ということか?
パッケージには濃厚な酒との表記があります。

さて、さっそく飲んでみます。
確かに、濃厚です。

お酒の色は少し濃いめの琥珀色。
不快を感じない程度のクセ。

そして非常に甘みが強い。
悪くないんじゃあないかい?

ただし、刺身には合わない。


今日のお酒の表示情報は下記の通りです。

酒造会社:男山株式会社
産地:北海道
特定名称:純米酒
使用米:?
精米歩合:65%
内容量:720ml
おおよその価格:1,700円弱
posted by ラテスJP at 17:00| 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。